中野の鼻

ナビゲーションバーへジャンプ

うなぎの寝床

 うなぎの寝床とは、細長い建物の言葉である。確か京都の言葉だったと思うから、関西以外の人はあまり知らないのかもしれない。なんだっけ、京都は間口の広さで税金が変わるからその対策で細い建物が増えた、とかだったはず。
 こんな言葉のある文化で育ったからか、中野はうなぎの寝床が好きだ。細い建物。たまにY字路に挟まれた鋭角三角形の家とか見ると、なんかドキドキしませんか?

 そう思って調べると、うす~い建物というサイトを見つけた。なんか結構有名なサイトらしい。やっぱりうなぎの寝床好きはいるんだな。

 おおお、この激薄物件リストはすごいな!かなりグッと来る薄型建築物がいっぱいだ!なんだこの最薄部28センチって!定規で測れるじゃないか!っていうかそれ建物のサイズと言うより靴のサイズだ。
 この喫茶店世茂利奈もかなりいいなあ。間口がドアの広さしかないって、中はちゃんと営業できてるのか?なんかコケが生えた縦置きPS2みたいな趣だなあ。

 やはりうなぎの寝床はいい。こんな家に住んでみたいと思わせる迫力がある。特に街中の激薄物件からデブが出てきたときの衝撃となんか矛盾している感は相当なものだ。


[鼻文章] Posted by 中野 at 2006-10-25 12:30:38

コメント

あや:

写真じゃなくて、実際に見て中に入ってみたい家ばっかりですね(*´▽`*)
2006-10-26 18:27:31

中野:

 異次元に通じてるんじゃないのか?って建物もたまにありますね。
2006-10-27 03:03:50

名無し:

世茂利奈はあの扉から入るのかと思いきや、側面からでした
あの扉は多分物置?かな
2015-12-30 21:19:52

コメントを登録

NOTE : Please keep blank in e-mail address field for spam handling.

トラックバック


コンテンツ

カレンダー

«   2017-10   »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

カテゴリ一覧

ダメ改造
ホワイトボードマーカー
携帯鼻
漫画
鼻文章

最近のライトバック

検索

Powered by