中野の鼻

ナビゲーションバーへジャンプ

マックグリドルのおいしい食べ方

 発売以来、大人気を誇っているマックグリドル。googleで検索したら、候補の中に「マックグリドル まずい」ってのが表示されるくらい大人気なわけだが、どうにもあの甘いパンケーキ+肉という組み合わせは初心者には厳しい。

 そんなマックグリドルが、ちょっとの工夫で劇的においしく!

 やりかたは簡単!注文時に「グリドルのパンケーキ部分と中身を別々にしてください」と言うだけ!
 
 
 そして実際に注文したのがこの写真。このように別々に包まれて出してもらえます。こうすることで、モチモチフワフワのパンケーキ部分をおいしく頂き、口の中が甘くなったところで具材のしょっぱさを楽しめます。肉も単体で食べるとジューシーでおいしいし、卵もぷりぷりでチーズもいい香り。
 正直、これだけでここまで変わるとは。そりゃグリドル好きにとっては「いっしょに食ったほうが美味いよ!」ってなるだろうけど、別にグリドル好きじゃないし、この方がおいしい。
 なんていうか、グリドルで食ってるときはそんなこと感じなかったけど、別々に食べると、朝食でパンケーキと肉と卵とチーズってなんか異様に豪華な気がするよ!

 注意点としては、包み紙にチーズがべっとりくっついてはがしにくくなる事。あとあまり混んだマクドでやらない方が良いと思う。

 マジでものすごくおすすめのグリドル別注文。皆さんも朝からマクドに行くときにはぜひ!カロリーとかそんなものは知らん!


[鼻文章] Posted by 中野 at 2008-01-09 10:53:50

コメント

マサト:

でもこれだとゲームできなくね?
2008-01-09 11:17:21

中野:

 え?食いながらゲームするの?
2008-01-09 12:03:01

(良):

やべーうまそ☆
俺は朝マックのポテトがめっちゃ好きです。
2008-01-10 00:17:21

kaperdonya:

そもそもグリドルとは、英国のグリドル伯爵がカードゲームをしながらでも食べられるように(以下略)
2008-01-10 00:36:51

中野:

 私も朝のポテトが好きなので、なんでレギュラーメニューにしないのか不思議です。

 古代中国の暗殺拳法・弩拿瑠道(どなるどう)の開祖弩拿瑠が考案した、甘いものとしょっぱいものを同時に相手の口に叩き込み戦意を奪うという技、それが虞離怒流!
 まさしくこの技は医食同源にして食文化の発達した中国だからこそ生まれえた奥義と言える。
 大人気のマックグリドルが弩拿瑠の考案したものであることは、今ではあまり知られていない。
 また、同様の技に「ジャンプ大パンチアンパン塩ラーメン」というものがあるが、アンパンから塩ラーメンが繋がらないことがよく知られている。
2008-01-10 01:32:10

なす:

行儀悪い
家でやれ
2017-05-03 10:34:46

コメントを登録

NOTE : Please keep blank in e-mail address field for spam handling.

トラックバック


コンテンツ

カレンダー

«   2017-10   »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

カテゴリ一覧

ダメ改造
ホワイトボードマーカー
携帯鼻
漫画
鼻文章

最近のライトバック

検索

Powered by