中野の鼻

ナビゲーションバーへジャンプ

トラックバック

 大体のブログに基本装備されているトラックバック機能の新しい使い方はないものかと考えてみた。そもそもトラックバック機能がなんなのかもウスボンヤリとしか把握していないのに何を言うかって感じだが。
 ぶっちゃけ言えば、鼻にトラックバックを投げてくれる人があまりいないので、トラックバックを使った企画をやってみようかとか考えたわけだが、考えてるうちに考えることそのものが楽しくなってきたわけだ。まあ、いつものとおりって感じだ。

 もともとトラックバックって、共通の話題をやり取りするための機能だったと思う。ひとつの議題について、いくつものブログで意見を述べ、それらがトラックバックでつながる。そこから考えれば、そりゃ鼻にはトラックバックは少ないはずだわ。議論も何もないし。
 共通の議題について複数の意見を出すという、オンライン会議のような使いかたのために作られたのなら、それ以外の「オンライン○○」にもトラックバックは使えるだろう。

 普段オフラインでしか出来ない事を、トラックバックで繋ぐ事でオンライン上で再現してみる。議論だけではないトラックバックの活用法だ。
 トラックバックを活用してオンラインで散歩してみるのもいいだろう。日時は違っても、同じ場所について書いた二人のブログがトラックバックでつながれば、二人は一緒に散歩したも同然だ。
 何時に風呂に入りましたってブログ同士をトラックバックすれば、オンライン裸の付き合いだ。トラックバックで背中でも流そう。

 先月25日から中野がひそやかに始めている「尿意ブログ」でも、実験的にオンライン連れションを提案している。同じ日の尿意同士がトラックバックでつながる。美しき地球の文化連れションが、オンライン上でもなされるのだ。まったく見知らぬあなたと私が、違う便器で解消した尿意!それがトラックバックを使う事でひとつになる!

 トラックバックの可能性は、無限と言ってもいいだろう。ただ、使いこなす人間の側が無限ではないだけだ。だから皆さん、トラックバックもたまにはください。


[鼻文章] Posted by 中野 at 2004-09-06 16:43:47

コメント

コメントありません。

コメントを登録

NOTE : Please keep blank in e-mail address field for spam handling.

トラックバック


コンテンツ

カレンダー

«   2017-10   »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

カテゴリ一覧

ダメ改造
ホワイトボードマーカー
携帯鼻
漫画
鼻文章

最近のライトバック

検索

Powered by