中野の鼻

ナビゲーションバーへジャンプ

5/24へんてこ楽器遊会

 タイトルのとおり、5月24日金曜日にへんてこ楽器遊会という集まりを、早稲田茶箱で行います。楽器遊会と書いて「がっきゅうかい」と読んでください。

 海外旅行のみやげ物で買ったはいいけどどうやって演奏するのかわからない民族楽器。
 自分以外で持ってる人を見たことがないようなマイナーな楽器。
 他人に自慢したいけど自慢できる場所がない自作楽器。

 そんな楽器をお持ちのあなた!ぜひとも5月24日に茶箱に来てください!あ、あんまり大きすぎる楽器はちょっとご遠慮ください。シタールとか確かに珍しいけど大きすぎる!
 そして楽器遊会の名のとおり、これは楽器を演奏する会ではありません。楽器で遊ぶ会です。自分の楽器を他の人も触ってみたいというときは、笑顔で貸してあげてください。あー、笛系の楽器はそれは難しいかな。まあ、ケースバイケースで。

 とにかく楽しく茶箱で楽器を持ち寄って遊びましょうというだけのことです。もちろん楽器を持ってこないとは入れないなんてことはありません。楽器に触らずにみんなが楽器で遊んでるのを眺めながら聞きながらゆったりお酒を飲むのもよろしいかと。

 私もいくつか変な楽器を持っていくので、皆様もしよろしければなんぞ珍しいへんてこ楽器を持ってきてください。別に弾けなくても構いません。音を鳴らすのが楽しいってだけでもいいじゃないですか。楽器なんてそれでいいんです。

 あ!それから、最高音質を誇る茶箱ですが、スピーカーはほぼ使わない方向で行きます。どうしてもって時はちょっとだけ。

 ちなみに料金は1000円で1ドリンクです。お手ごろ価格でフラッと遊びに来てください!よろしくおねがいします!
[鼻文章] Posted by 中野 at 2013-04-26 20:03:35 - コメント(0)

エイプリルフールにやったこと

 今年のエイプリルフールは「祟りたいほど愛してる!!」の稽古期間だったため、まったく何もできませんでした。

 去年のエイプリルフールは、秋葉原リバティー5号店でVHS版の「さよなら絶望先生」を発見して、twitter上で大騒ぎしてました。詳細はこちら。

 三つ下に一昨年のエイプリルフールネタがあるので、とりあえずの報告だけでも。
[鼻文章] Posted by 中野 at 2013-04-25 21:02:14 - コメント(0)

お久しぶりです

 少々のトラブルが発生していたので、動かせなかったこのブログですが、今ではこうして動いています。2年近い放置!もうブログ右上の顔よりもおっさんになって太りましたよ。

 さて、これからはtwitterのみならず、不定期ながらこっちも動かします。やっぱたまには140文字以上の文章も書きたくなるじゃないですか、人として。
 とはいえ現状で報告できることはあまりなく、むしろ終わってしまった芝居などの告知になります。

 まずは毎年出演させていただいている、KBSプロジェクトのお芝居。SF物で「宙☆ing」に1月出演しました。ここの芝居で、二年連続でお坊さんをやったんですが、今年は二役で前半はNASAの偉い人、後半は全身をブルーに塗って宇宙人役。もうこの全身塗るのが時間的な制約もあってむちゃくちゃハードでした。しかも昼公演と夜公演の間に銭湯に行ってブルーを落としにいったんですが、まあブルーの人が入ってくりゃそりゃ昼間に銭湯にいる爺さん達は仰天しますわな。
 そんな苦労もあって、お客様には大好評で、あんまり好評すぎるから再演とか言われたらどうしよう、またブルーに塗るのかよもう嫌だよ!って位の好評でした。

 そしてこっちは初の座組みで参加させていただいた「祟りたいほど愛してる!!」です。こちらはなんと、あの唐沢俊一さんのお芝居です。こっちではお坊さんではなく神主の役でした。唐沢さん以外は全員初対面、というところから始まったお芝居で、人見知りの激しい中野は苦労しました。あと私の演技の質が他の方々と比べて異質なものだったこともあり、他の役者さんもやりにくかっただろうなと申し訳ない思いです。
 しかもこの芝居、途中で怪我人が二人も出て降板せざるを得ない状態になりました。一人は両足のアキレス腱を同時に痛め、もう一人は左腕骨折。平将門をめぐるラブコメだったのですが、どうも将門様にはラブコメはお気にめさなかったようで。
 しかしこちらもお客様には大好評。事故もその二件だけだったので、将門様にもきっとお楽しみいただけたのでしょう。

 あとはお芝居の話じゃないのですが、教育支援人材認証協会という堅い名前の組織から、こどもパートナーという認証を取得しました。中学校などで困ってるダンス必修化を少しでも助けられたら、という認証です。この紅白でバックダンサーをも務めた中野ですから、教育関係の方々お仕事あったらお声ください。

 そんな感じで中野はゆるりと生きていました。俺たちの戦いはまだ始まったばかりだ!
[鼻文章] Posted by 中野 at 2013-04-25 19:47:51 - コメント(0)

ジレットの新作がすごい

ジレット フュージョン プログライド パワーホルダー 替刃1個付  ジレット フュージョン プログライド パワーホルダー 替刃1個付  ジレット フュージョン プログライド パワーホルダー 替刃1個付  ジレット フュージョン プログライド パワーホルダー 替刃1個付  ジレット フュージョン プログライド パワーホルダー 替刃1個付
 

 スキンヘッドにしている中野としては、新作の剃刀に手を出さないわけには行かない。しかも今までも愛用していたジレットの新作。5枚刃で知られるジレットが更に剃刀の刃そのものから開発しなおしたと言う、ジレットフュージョンプログライドパワー。名前が長い。

 サイトや広告を見ると、剃るから滑らせるに変わったと書かれているが、果たしてどれほどのものか。今までのジレットも撫でるように剃れていたが。
 まずどこが変わったのか確認したい。さっきも言ったように、刃を開発しなおしたらしい。今までのジレット商品よりも刃を薄くしたと。当然だが刃物は薄ければ薄いほど鋭くなる。
 そして、刃の下にヒゲなどの流れを整えるクシが装備されたそうだ。剃る前に整えるわけか。
 あと刃のガタツキを抑える仕組みも加わっているらしい。そして従来どおりの振動もある。これはよく剃れそうだジレットフュージョンプログライドパワー!名前が長い!

 そして実際に頭を剃ってみた。頬や喉の下など柔らかい部分よりも頭皮は剃りにくいので、頭皮がよく剃れれば他の部分にも効果は高いはずだ。

 うおおおお!!!めっさよく剃れる!軽い!そして速い!

 体感として頭全体で1分ほど時間が短縮された気がする。頭を剃るのに今中野は10分かかっていないので、一割以上短くなったわけだ。

 剃るから滑らせるへ、という言葉は伊達ではないな。皮膚への影響も軽減されている感覚がある。そもそも刃の枚数を増やすのは、皮膚へのダメージを軽減させる意図だ。枚数が増えれば増えるほど、刃一枚辺りの皮膚への圧力が減る。そして振動で毛を立たせる、更に立たせる前にクシで整える。そこに今までより薄くなった刃が通る。

 実感として、よく剃れる。現行の剃刀の中で最も剃れると思われる。

 剃刀の剃り味に不満がある人は、手にとって欲しい逸品だ。ジレットフュージョンプログライドパワー。名前が長い。

 ジレットフュージョンプログライドパワー!名前が長い!

 ジレットフュージョンプログライドパワー!!名前が長い!!
[鼻文章] Posted by 中野 at 2011-06-24 04:18:42 - コメント(0)

食虫植物食ってきた!

 最近は虫を食べる人とかが中野の周りにちらほらと現れている。この人とか。中野も虫料理を食っても良いんだけど、せっかくならそれを上回る事をしてみたいと思って探したら、あるじゃないか。食虫植物料理の専門店が広尾に。

 と言うことで、広尾のネペンテスという食虫植物料理の店にこの間行ってきました。実は一度行ったら定休日だった。東京メトロ日比谷線広尾駅から徒歩15分くらい。もうこの街の持つムードに底知れぬアウェイ感をモリモリ感じつつ店まで行ったら定休日だった時の絶望感たるや。
 
お店の外観
 
 お店はこんな感じ。もうね、食虫植物が食えるとわかってなかったらこんな雰囲気のお店絶対入れないし、そもそも広尾なんて街に来ない!!

 で、お店にはいる。ますますアウェイ感。同行者がいなければ死んでいたかもしれない。
 
店内
 
 ううう、こんなしゃれたムードのお店無理だよ…。しかし僕には食虫植物料理を食べると言う使命がある!とりあえずメニューを見てみると、なんかイケメン店長の写真と共に、このお店の設立よもやま話的な文章とかポエムっぽいのが。ひいい。
 なんか若いころに世界中を旅していて、その時食った食虫植物料理が最高だったとか、なんかそんな。なんだそれ、エピソードまでイケメン臭い!もう僕とかこの空気で死にそう!食虫植物料理と言うか、虫みたいな僕が食われてる気がする!この雰囲気に飲まれてる!

 とりあえず名前のわかる食虫植物名を見つけて、注文をしてみた。
 
ハエトリグサの包み揚げ
 
 まずハエトリグサの包み揚げ。なんか写真だとどう見ても大き目の揚げ餃子だけど、実際は結構緑色が透けてる。食べると中にスパイシーな具が入ってる。ハエトリグサに具を食わせて、そのまま摘み取って揚げてあるっぽい。ちょっと辛かったけど美味い。かなり飯が欲しくなる味。
 
ネペンテスサラダ
 
 ウツボカズラと豆のサラダ。メニューに書いてあったけど、店名のネペンテスってウツボカズラのことなのね。ウツボカズラの食感はザクザクしてて良いんだけど、豆のモソモソ感がちょっと浮いてないかなコレ。ドレッシングが和風で美味しかった。
 
モウセンゴケのパスタ
 
 モウセンゴケを練りこんだ特製パスタだそうです。ジェノベーゼっぽい味かと思ったけど全然違った。ミートソースっぽい。ちょっと青臭さが苦手な人はいるだろうけど、個人的には3つの中で一番美味しかった。

 あとパイナップルのジュース。メニューによるとパイナップルの種類には食虫植物もいるそうな。でも多分これ普通のパイナップルジュースだ。ドールの味だ。

 広尾の雰囲気に飲まれてたけど、このお店は美味しかった。一応ちゃんと無菌培養のペットの餌とかにする虫を食べさせて育てた食虫植物を使ってるらしいので、安心ですよ。食った感じ、普通の野菜と変わらない味だったし。

 広尾に一人で行くのは中野は無理だけど、誰か一緒に行ってくれる人がいるならまた行ってみたい店ではある。そうじゃなくても行ってみたい人は、公式サイトとかで行きかたを調べて行ってみれば良いと思います。美味しかったし。
[鼻文章] Posted by 中野 at 2011-04-01 03:41:29 - コメント(1)

地震でした

 東京もそこそこ揺れたけど中野は無事です。

 で、 twitterにいつもの全員メガネの動画を貼ったんですよ。


こんな時こそみんなで観てください。とっても馬鹿馬鹿しい我々のパフォーマンスユニット「全員メガネ」の動画です!なんと特別に無料です!!特別に!!無料なので拡散したらいい!!特別に!! http://j.mp/eQ9Wrx
2011-03-16 00:15:56

 
 
 
 まあ何て事のない、つまり「普段から無料で見せてるじゃねえかよ」というボケなのだが。でも本当に今観て笑ってもらえたらいいわねとか思って貼った。

 すると翌日こんなレスがきた。


@pisiinu 「全員メガネ」初めて拝見させていただいて今まで存在を知らなかったのを後悔するほど笑い楽しませていただきました。
2011-03-16 19:15:58


@pisiinu 被災地の友人にURLを送ったらなんとか観られたそうで、周りの家族や他の被災者の方達と大笑いしたそうです。 復興して落ちついたら一緒に公演観に行こうと約束したました。本当にありがとうございます。
2011-03-16 19:17:00



 10年全員メガネをやっていてこんな喜ばしいことはない。なるべく毒にも薬にもならぬよう、役に立たないから良いんだ、と思いやってきたんだけど、役に立つのっていいねえ。

 これからも全員メガネは、頑張らないでやっていきます。気軽に応援してください。
[鼻文章] Posted by 中野 at 2011-03-17 23:49:03 - コメント(0)

お芝居おわりました

 おくられびと、大好評で終わりました!本当に、見た人がみんな「大笑いした」って言ってくれてて、大掛かりな褒め殺しかと思うほど評判が良いです。

 またお芝居に出る時は、そのくらい面白いものに出たい!
[鼻文章] Posted by 中野 at 2011-03-08 06:48:55 - コメント(0)

鼻笛

 お芝居直前だというのに、鼻笛という楽器にすっかりハマってしまい、練習しております。

 鼻笛というのはその名のとおり鼻を使って演奏する笛。ポケットに入るサイズの小さい楽器なのですが、非常に豊かな表現ができる優れた楽器です。もっとも、和音などのないシンプルな楽器なんだけど、笛なんだしそれは当たり前か。
 
鼻笛
 
 これがその鼻笛です。この模様は中野が自分で描きました。デザインはもちろん、みんな大好きゴリプレプレです。コートジボワールのバウレ族のね。もう少しいい鼻笛に買い換える予定なのですが、これを描いちゃってすっかり愛着がわいております。誰か大事にしてくれる人に譲ったりしようかな。

 そのうち演奏してるところとか撮影して載せたりしてみます。もうちょっと上手にならないとだなー。

 移転しつつも10年以上も鼻という名前のサイトをやってきた中野にとって、もっともふさわしい楽器なのではないでしょうか。いや、中野はこの楽器に出会うために鼻にこだわってきたに違いないいやそれはない!

 という、稽古期間中の気分転換な更新でした。でも鼻笛は本当に楽しいよ!
[鼻文章] Posted by 中野 at 2011-02-24 22:39:44 - コメント(0)

雪ですね

 なにこの日記みたいなタイトル!いや日記でいいよね。というかもう日記ばかり書こうかな。それでもいい?

 というわけで二つ下の記事で書いた荒川智則生ドラマが無事に終了しました。いや、最終回が回線の問題かあまり無事じゃなかったけど。ustはやっぱ重いの?
 非常にエッジの効いた企画に、能力の高いスタッフさんが集まって、今までにない得体の知れないことが成し遂げられたんじゃないでしょうか。こういう得体の知れない前例がないことに参加できるのは非常に喜ばしいことです。ありがとうございました。

 そして、次は今月末、26日からスタートするお芝居です。
 
おくられびと
 
おくられびと

 似たタイトルを聞いたことがあるかもしれませんが、それは錯覚です。オリジナル脚本です!主人公の名前は本木です!
 やっとの思いで入った劇団が解散してしまい路頭に迷う役者本木が就職した会社は、偽の葬儀を行うちょっと危険な仕事、そんなお話です。
 上のチラシ画像を見ていただければ、どんなお芝居なのかは大体わかるかと思います。あと中野がどんな役なのかも。
 
time
 
 上演スケジュールはこんな感じです。公式サイトではすでにチケットの予約販売が始まっています。皆さんぜひ観に来てください。稽古の調子を見てると、これは面白くなりそうです。中野はほとんど素のままですが。

 本当に日記ブログにしようかな…。
[鼻文章] Posted by 中野 at 2011-02-14 22:15:22 - コメント(0)

子供の頃に興味を持ったもの

 幼い頃、中野はいつも図鑑を開いていた。父がいなくて母は働きに出ている、という家庭だったので、それを見兼ねた祖父がくれたものだったか…?いや、よく覚えてないけどうちにあったんだ。

 全部で20冊くらいの立派な図鑑だ。中野は暇さえあればこの図鑑を第一集から順に読んでいた。

 しかし興味は図鑑の内容ではなかった。図鑑を第一集から順に積み上げて、読み終わった分を裏にして積みなおしながら読んでいくと、全部読み終わった時に元通りの順番になっていることが楽しかったのだ。
 自分の右に未読の山を据えて、真正面に現在読んでいる図鑑、読み終わったら裏表紙を上にして左手に詰んでいく。
 するとどうだ、全部読み終えた時には順番通りの山が逆さ向きに!
 幼い中野にはこのことが楽しくて楽しくてしかたなかった。

 まあ20冊全部読むのはさすがに大変だったし、なにより本自体が重かったので、だいたい5~6冊の図鑑を毎日毎日読んでいた。

 読み終わった時の山を意識しているのは子供ながらに納得行かなくて、いかに意識からそのことを消すかが課題だった。
 読み終わった時にふと見ると、順番通りに図鑑が積まれている。そしてそれをそのまま本棚に戻す。なんと美しい。
 そのため、雑念が消えるほど一心不乱に図鑑を読まなければいけない。隅々まで余すところなく。

 こうして幼い中野は、それはそれは熱心に図鑑の最初の数冊を何度も何度も読んだ。ものすごく熱心に。
 最初の数冊は、陸上や水棲の生物、昆虫や恐竜、そして古代生物などがぎっしり掲載されていた。
 大人はそれをみて、猛烈に生き物が好きな子供だと思ったろう。たしかにそのせいか今はかなり生物が好きだが、その頃はただ、読み終えた本をルールにしたがって積んでいけば元通りの順番になるというシステムの美しさが好きだったんだ。

 思い出したんで何となく書いただけの、思い出話でした。
[鼻文章] Posted by 中野 at 2011-02-01 02:19:21 - コメント(2)
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 |...| 142 | 143 | 144 || Next»

コンテンツ

カレンダー

«   2017-08   »
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリ一覧

ダメ改造
ホワイトボードマーカー
携帯鼻
漫画
鼻文章

最近のライトバック

検索

プロフィール

中野将樹
 運よく産まれて、運悪く生き延びています。  泣いてばかりの36歳児。

pisiinu鼻gmail.com

広告とかお断り!!
自画像集

Powered by