中野の鼻

ナビゲーションバーへジャンプ

クロヌマキヨシ

 ついこの間の週刊モーニング44号に掲載された読みきり、ネコメンデスが非常に面白かった。第28回マンガオープンという新人賞の優勝作品だ。

 なんというか、ただ事ではない漫画でした。作者の中に誰も止める人はいなかったのか、と思うほど。普通の人間だったら、無意識にセーブしてしまうところを全開で踏み込んで走りきったような、そんな爽快感と狂気の混じった素晴らしい漫画でした。これを優勝とするのには、色々と議論があったと思いますが、すばらしい受賞だと思います。

 おそらくはあの>相撲BEAUTIFULのように、10年以上も読者の心に刺さり続ける漫画に違いない。万が一その時に、作者のクロヌマキヨシ氏が漫画業界に残っていなかったとしたら、ネコメンデスは歴史の闇に葬られてしまう。
 モーニングやアフタヌーンの編集部は信用できると思っているので、そんなことはないだろうけど、四季賞受賞の相撲BEAUTIFULの深沢和博氏も今はどこでどうしているか分からない。クロヌマキヨシ氏が望んで消えてしまうことだってありうる。天才にはそういうことが起こりがちだし。
 なので、ここにその名を残しておく。そして、そんなネコメンデスが忘れられてしまうような最悪の未来が訪れた時には、また情報をここに歴史的資料としてここに残します。そんなことになって欲しくはないが。

 とにかく、次号のモーニングにもクロヌマキヨシ氏の作品が掲載されるらしいので、ネコメンデスを読んでいない人はそれを楽しみに待つと良いかと思います。というか私がもう楽しみでなりません。

 ああ、漫画が好きでよかった。そしてあの漫画を楽しめるような人間でよかった。ネコメンデスを読んだ時にはそう思いました。狂気の疾走、そしてそれを制御しきる力を感じる新たな鬼才の登場ではないでしょうか。今はただ、新しい作品を待ちます。
[漫画] Posted by 中野 at 2010-10-22 03:57:16 - コメント(0)

ベントラーベントラーが完結しました

ベントラーベントラー(3) (アフタヌーンKC)
 アフタヌーンで連載していたSF漫画「ベントラーベントラー」が、全3巻で完結しました。まだまだ続いて欲しい傑作だっただけに残念ですが、いい最終回を見せてもらったのでひとまずの満足と同時に次回作に期待します。
 
 日常的で緩やかな世界にナチュラルに外星人が厄介ごとを持ち込んだりして右往左往、そんなベントラーベントラーの展開からどう終わるのかと思っていたところ、まさかの壮大なストーリー。でもそれでいて基本の、皮膚感覚で楽しめる等身大の目線ははずさない、ファンとして非常に満足のいく終わり方でした。
 作者の野村亮馬さんが四季賞に登場したときから、とぼけた味わいで糖衣されたSF世界にぐっと引き込まれていた中野としては、本当にこの作者の次回作が気になる。きっと次も、魅力的な作品を見せてくれるに違いない。

 外星人がいる世界の日常を切り取った物語なので、やや投げっぱなしの話に見えるかもしれませんが、しっかり読めば日常を書くために裏に流れているSFへの情熱ともいえる設定やドラマにやんわりと触れることが出来ます。でもそれがあくまでもやんわりで、もしかしたら本当は深く考えずに描いてるのかも?と錯覚しそうになる、そんなうまさがあります。

 最近楽しく読めるSF漫画がないと思っているなら、とりあえずこのベントラーベントラーを読んでみてはどうでしょう。ホントお勧めですよ!
[漫画] Posted by 中野 at 2010-06-04 01:36:33 - コメント(0)

面白かった漫画2つ

超人学園(1) (少年マガジンKC)
 昨日買った漫画がどちらも非常に面白かったので、みんなにもお勧めしたい!

 まずこちら。超人学園。別冊マガジンで今やってる、おそらくはラブコメ?アクションもあって、でたらめな設定もあって、今風に面白い。常に厄介ごとに巻き込まれてしまう超主人公体質の男と、悪魔女子。超人学園って言ってるけど、学園を作って生徒を集めるという、仲間と出会っていくまでの漫画です。

 この漫画、いろいろと本気で描かれているのが紙面からビシビシ伝わってくるいい漫画です。特殊な設定の登場人物ばかりなのですが、その登場人物がきっちりと、その特殊性を軸にすえた物語を背負っていて、それがきっちりと伝わる。漫画の物語や設定が伝わるのはもちろんなのですが、感情や感動もしっかりと描き、しかも漫画に大事な面白さを伝えることも上手で、本当に読んでいて「おもてなし」を受けている気分になれます。
 このもてなされてるような漫画の感覚、プロの方が描いた物ならどの漫画でも感じる当然のことなのですが、そのもてなす意味をちゃんと肌で知っている作家さんだなと、読んでいて非常に感謝できる漫画です。
進撃の巨人(1) (少年マガジンKC)
 もうひとつはこちら。進撃の巨人。なぜかわからないけど巨人がいて、その巨人は人間だけを食料にしているという、まだ謎だらけの世界観の作品です。

 巨大な敵と戦う人類の苦労とか恐怖とか絶望とか、むき出しで描かれていて良いです。良い意味で商業誌に載りにくそうな漫画だと感じた。何度か読み返すうちに、なるほど商業誌にのるのも頷けると思える気遣いのある漫画ですが、最初は抵抗感があるかもしれない。
 これ、読む前に「1巻の最後で驚いた」っていう評判を聞いていた。なんで、それを覚悟して読んでたけど、それでもラストで「ええ、まじで?」と声に出してしまったのです。ああ、確かにコレはありだけど、油断してたわ。
 こう書くと最後の驚きだけの漫画のようですが、じっくり読んで楽しめる漫画だと思います。というかじっくり読んで楽しんでます。

 内容にも絵にも、ちょっと抵抗感があって人を選ぶ作品ではありますが、ちょっと乗り越えて読んでみてはいかがでしょう。

 と、まったく方向性の違う漫画2作品を紹介しました。気が向いたら読んでみて!アフィリエイトでリンクしてるけど、できれば地元の本屋で!ネット通販に押されて苦労してる地元の本屋さんとかで!
[漫画] Posted by 中野 at 2010-05-04 02:00:27 - コメント(0)

アクションの読みきりが面白かった

 漫画アクションに掲載されていた読みきりギャグ漫画「キモジョの詩」が何か気になった。面白かったといって良いんだが、それだけではない何かをこの作品から感じた。

 作者は蛸山めがねか…まだ検索しても一切ヒットしないが、覚えておいて損のない作家かもしれない。

 アクションは福満しげゆきに川島よしおに土山しげるに谷口ジローに、好みの作家が多くて困る。蛸山めがねがここに並ぶ日を望む。
[漫画] Posted by 中野 at 2009-12-01 05:59:34 - コメント(0)

百舌谷さんに某カロイド

 カロイドって何だって話ですが、カロイドではありません。ボーカロイドです。

 今日発売のアフタヌーンを早速読みました。で、いつも激しい展開で目が離せないツンデレ漫画「百舌谷さん逆上する」を読んでいたら、最近ネット上で話題の人が。
 
某カロイド
 
 ぬ、これは余りそっち方面に詳しくない中野でもわかるが、初音ミクの血縁にあたる巡音ルカさんではないか。最近では山咲トオルの怪奇タコ少女みたいにされているルカさんではないか。
 最近こういうネットの文化が漫画に登場することが多くなりました。こういうのを嫌う人も多いけど、昔だってテレビ番組やCMがネタで漫画に登場することは多かったんだし、メディアが変わっただけなんだろうなあ。

 とにかく、発見したのでこうやってネタにしてみました。そしてこんなことからちょいとでも「百舌谷さん逆上する」に興味を持つ人が現れればいいな、と思います。
 
「百舌谷さん逆上する」2巻
[漫画] Posted by 中野 at 2009-03-25 09:03:50 - コメント(0)

三丁目の超夕日

 今号のビッグコミックオリジナルに掲載されている「三丁目の夕日」が、なんかすごいことになっている。いつもビッグコミックオリジナルは深夜食堂とフロマンガくらいしか読んでなかったし、PLUTOは単行本で読むためにあえて飛ばす中野だが、これにはドギモを抜かれた。

 舞台はいつもどおりの、懐かしく温かみのある昭和の日本。この時代、とあるおもちゃが流行していた。

 それは、ビックリ箱。

 昔の日本人は生真面目で、嘘や冗談が苦手だった。ビックリ箱は笑いのきっかけを作ってくれる良い道具だったのかもしれない。また、刺激の少ない時代でもあったのだろう。
 
おばあちゃんが…。
 
 しゃっくりが止まらずに難儀しているおばあちゃん。

「しゃっくりが止まらないのよ。誰かに驚かしてもらうと泊まるんだけどねえ…」

 おばあちゃん思いの進一郎君は、後から大声で驚かせようとしたりするがしゃっくりが止まらない。そこで友達からビックリ箱を借りてくることにしたのだ。なんて良い孫なんだ。
[漫画] Posted by 中野 at 2009-03-05 22:34:00 - コメント(2)

SBR17巻カバー下の絵に見覚えあり

 スティールボールランの17巻が発売された。いつの間にかもう17巻もやってたのね。すっかり大きくなっちゃって、もう17か。卒業したら大学に行くのか?就職か?

 そんなSBRのカバーを外してみたら、こんなイラストが出てきた。
SBR17
 
 あのチョコレートディスコの人です。この人本編でもこんなポーズだったりしたけど、このポーズは特になんか見覚えがある。強烈なデジャヴュだ。

 どこで見たんだろう。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
みうらじゅんの世界 つっ込み如来ソフビバンク
 
 ああ。これだ。

 みうらじゅんのつっこみ如来

 そっくりだ。
[漫画] Posted by 中野 at 2009-03-04 09:50:00 - コメント(0)

天水完全版!

天水 完全版)
 花輪和一の「天水」の完全版が文庫になって発売されていたので、光の速さで入手した。

 この天水という漫画は、15年程前にアフタヌーンに掲載されていた和風怪奇ファンタジー作品だ。花輪和一といえば「刑務所の中」のヒットが記憶に新しいが、まさにその作中で描かれていた逮捕によって連載が中断した作品だ。それが連載中断から9年後に書き下ろしで無事完結をはたした完全版が発売され、このたびめでたく文庫も発売されたのだ。波乱万丈の漫画といってもいいかもしれない。
 6年前に発売された新書の完全版も買って読んだはずなのに、文庫になってまた手に入れてしまった。そこまで天水が好きだという自覚は無かったのだが、多分中野はずいぶん天水が好きなのだ。

 河童と童女の冒険が、時にはじわりじわりと時にはあっさりと展開する。濃密に描かれた妖怪や鬼や人間はみんなどこか油断できない奴らばかりなのに何かさっぱりとしていて憎めない。おそらくは花輪和一氏本人の人徳が現れているのだろう。前科はあっても。

 花輪和一作品はとっつきにくい。間違いなく最初はその臭みがちょっと気になる。でも、ちょっとずつ読むときっと癖になる。もしも花輪和一未体験だという人がいたら、この天水と刑務所の中くらいは手にしてみてもいいのではないだろうか。
 とくに刑務所の中はアルフォート食べながら読むといいよ。いや、アルフォートを目の前において、食べたい気持ちを我慢しながら読むといいよ!!10倍おいしくなるから!
[漫画] Posted by 中野 at 2009-02-18 11:45:26 - コメント(0)

リーマンギャンブラーマウスの続編が!!!

リーマンギャンブラーマウス 女体地獄編 MiChao!KC (KCデラックス)
 こうなったらガンガンと漫画の話を書くぜ。

 ギャンブルを憎悪しているといっても過言ではない中野だが、「リーマンギャンブラーマウス」だけはなんだかとても好きだ。サイコロをコロンと振っただけで人生すべてが終わったりするあのばかばかしさ。そして荒唐無稽な登場人物。そこに絡む人々の悲喜交々では済まないような栄枯盛衰。非常に面白い。

 そんなマウスの続編らしき本を本屋で見つけた。それがこの「リーマンギャンブラーマウス女体地獄編」だ。残念ながらタイトルからは非常にヘボまった印象しか感じない。しかしあのマウスだ。きっと女体地獄から見上げた人間世界の壮絶な姿が描かれているのだろう。

 そう思った中野が甘かった。こいつはもう、悶絶するほど駄目だった。

 ああ、中野の愛したマウスはもう死んだ。そう思えるほどだ。

 話の内容は、あのマウスが今ではとある企業のクレーム処理係として、毎日毎日土下座の日々。そこに派遣社員の巨乳女子がやってくる。そして二人で企業に謝りに行き、そこでなぜか勝負することに。勝負の内容は、巨乳女子が全身を使ってジャンケンをしたり、巨乳女子にマウスがまたがって人間競馬をしたり…。
 ああ、駄目だ。なぜこんなことになったんだ、マウス。きっと誰もがそう思ったに違いない。マウスお前はあのときの包茎手術から生まれ変わったんじゃないのか!

 もう、読むだけで辛い作品だった。しかしこれは、まさにマウスの心境そのものではないのか。
 カワーダイス、ティアードロップ、ワイドクワトロと過酷なギャンブルの世界でぎりぎり生きてきた灼熱の季節から数年、窓際のような仕事で鉄より硬くなることもない生活。
 そんな、鉛に埋め込まれたような毎日の苦渋を、読者とマウスは共有しているのではないだろうか!

 グレゴリーペック主演で映画にもなった小説「白鯨」で、白鯨モビィディックが見つからずに船乗りたちが何週間も船に揺られ続けるというシーンがある。そのシーンでは、どうでもいい海の話や船乗りの話など、退屈な話が何ページも何ページも続き、読者は退屈を船乗りと共有する。
 そこにモビィディックの影が見つかると同時に、船乗りたちは一斉に立ち上がり、それに伴い文体も勇壮でスピーディなものに変わる。

 この残念な漫画は、正しくマウスの心境を描けているのではないだろうか。
 今中野が「もうこの女体地獄編は読みたくない、普通のマウスをまた読みたい」と思っているのは、そのままマウスが「今はこんな毎日だが、またいつかあの頃の炎を心に…」と思っていることと同じなんじゃないだろうか。
 いま、漫画のコマを通じて、作中人物と読者の心は一つになったのだ。いや、作者の手によって一つの流れになったのだ。
 作中でマウスは、今の生活への不満を一切口にしない。しかし、マウスの心境はすべての読者に伝わったのだ。

 素晴らしい。やはりリーマンギャンブラーマウスは健在だった。しかしもうこの本は見るだけで悲しくなるので、誰かにあげちゃいます。
[漫画] Posted by 中野 at 2009-01-23 21:24:00 - コメント(3)

こぐまレンサの完全版が出てた

こぐまレンサ 完全版 (講談社BOX)
 中野という奴は漫画ばっかり読んでるのか、と思われるかもしれませんが、そのとおりです。

 ロクニシコージの「こぐまレンサ」完全版が出てたので、迷わず入手。いつの間に完全板なんか出たんだ。

 こぐまレンサという漫画は、ヤンマガで連載されていた作品で、毎回ちょっと不思議な話が掲載されるというオムニバス読み切りっぽい連載だったんだけど、あんまり人気はなかった。というのも、この漫画はまとめて読まないと意味がないから。
 この話は実はすべて、ある物語に収束するようにまとまっていき、それぞれがそれぞれに作用しながら存在するのだ。なので、すべての話がほかの話への伏線になりつつ、さまざまな伏線を巻き込みながら展開する。
 文字に書くとややこしいけど、ようは「GOLDEN EGGS」の1stシーズンに近い構造だ。あれからさらに時間や場所もいろいろ変えて、多くの事象が一つのキーワードでつながっていく。

 中野はそもそもこういう話に弱い。セミオムニバスとでもいうか、別々の話と思わせて、それらがみんな絡みあっているような。中野が前にやった芝居もこんな構造の話だったし。

 元々作者のロクニシコージが描いていた「すべてに射矢ガール」が好きだったので、このこぐまレンサも読んでいたのだが、最初のうちはこの作品に魅力を感じなかった。そこで読むのをやめた人もいただろう。
 ところが、読み進めるうちにどんどん作品の構造に気が付いて、飲むようにぐいぐいと読んでいった。のどごしは良くないが、やめられない味だ。

 正直、単行本もあまり売れたとは思えないこぐまレンサだが、こうやって完全版として発売するのは、講談社がこの作品の内容を信じているからだろう。
 絵もそこまで上手いわけじゃなく、漫画家としての技量が高いとはいえない作者だが、そのストーリーテラーとしての能力は高い。だからこその完全版。説得力がある。

 かなり好き嫌いが別れる漫画であることは違いない。でも、ストーリー構造の美しさが好きな人なら、読んで損はしない一冊だ。
[漫画] Posted by 中野 at 2009-01-22 22:25:00 - コメント(0)
«Prev || 1 | 2 | 3 || Next»

コンテンツ

カレンダー

«   2017-06   »
Category: 漫画
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

カテゴリ一覧

ダメ改造
ホワイトボードマーカー
携帯鼻
漫画
鼻文章

最近のライトバック

検索

プロフィール

中野将樹
 運よく産まれて、運悪く生き延びています。  泣いてばかりの36歳児。

pisiinu鼻gmail.com

広告とかお断り!!
自画像集

Powered by